PROFILE

 

 

 

 

 

鈴木ミチ

9月20日生

福島県会津若松市出身

音楽プロフィール

3歳より地元中心とするカラオケ大会などに出場。数々の賞を受賞する。7歳よりピアノを始める。

中学時代は合唱部に所属

大学時代に【ROSE】結成。バンド活動を開始。(2009年までイベント毎にメンバーを入れ替えながら活動)

2007年からは作詞家・演歌歌手 吉川たくと氏に師事。現在もコラボ作品を制作、発表し続けている。

幼少より演歌・歌謡曲を中心に様々な大会へ出場。優勝をはじめ数々の賞を受賞する。

 

主な受賞歴

千葉テレビカラオケ大賞21 チャンピオン

千葉県カラオケ大会 優勝

全国カラオケ指導者協会チャリティカラオケ大会 優勝

関東歌謡選手権 準優勝

ロック学園ひかりTVカラオケ大会 準優勝

ガーデンパレスカラオケ大会 準優勝 他

 

経歴

2007年

【鈴木春華】として、メイド系ライブ、アニソン系ライブに出演。あわせてテレビ番組にも多数出演。

2009年

シンガーソングライター【鈴木ミチ】としてソロ活動本格始動。作曲家・音楽プロデューサーの鈴木康志氏に師事。コラボ作品を制作・発表。

2010年7月

【鈴木ミチ&杉本バッハ】としてのユニット本格活動開始。会津の歌シリーズを次々と発表。お店、キャラクターなどのテーマソングなどを続々と制作している。

2011年

演歌・歌謡曲界に本格参入。有線放送 演歌・歌謡曲チャンネル配信をはじめ、歌謡ショー、カラオケ大会ゲストを中心に活動。メジャーシーンに新風を送るべく、歌謡曲の作品を中心に他先生方と共に制作活動も積極的に行っている。

2012年

初の海外公演、ソウルでのコンサートを行い、大成功に終わる。ラジオ番組のパーソナリティーも行い、自らの冠番組を持つ事に。NHK Worldでは自ら手がけたPVが評価され、世界130ヶ国でオンエアとなる。また、ソロではJAZZ~民謡までのレパートリーを広めるべく、グランドキャバレー、うたごえ喫茶、JAZZバー、クラブ、民謡酒場でのステージをこなしてきた。

2013年

生まれ故郷会津の偉人『新島八重』が大河ドラマの主人公となったことから、新島八重や白虎隊を歌った曲を収録した『会津魂~八重~』をリリース。橋幸夫さんの『花の白虎隊』もカバーリリースしている。会津でのイベント他、NHK大河ドラマ館でも起用された。

2014年

フジテレビ 笑っていいとも へ出演。また、代表曲でもある『赤ベコの唄』がDAM、JOYSOUND、UGAにてカラオケ全機種で配信開始。多くの方に親しみながら歌って頂ける曲となっている。

 

現在は月5~10本のライブステージ活動を中心に、作詞作曲、楽曲製作、ステージカラオケ教室主宰・カラオケ大会企画運営も務めている。

インディーズアーティストの頂点と、カラオケ指導者の頂点をめざし、日々邁進中。